ドイツのクリスマスマーケットに行ってみた

ドイツのクリスマスマーケットに行ってみた

12月にドイツに行くのなら、外せないのがクリスマスマーケット!

ローカルのお店たちが、広場などに店舗を構えます。

クリスマスの飾りつけなど、様々なものが売っていて、ライトアップもされていて・・

夕方から夜まで開いていることが多いですね。

夜ご飯をレストランではなく、マーケットで色々つまむのもおすすめ。

 

私たちが行ったのは、ミュンヘンのマリエン広場にあるマーケットです。

ここは大きなクリスマスツリーもあってフォトジェニック。

クリスマスマーケットの楽しみ方は人それぞれだとは思いますが、

やはり、一番は食べ物じゃないでしょうか。

私がここのクリスマスマーケットで食べたものを少し紹介。

おすすめグルメ

ホットワイン

温かいワインにスパイスが効いてます。

冬はやはり冷え込むので、まずこれを飲んで温まるのもあり。

マグカップに入っている状態で買いますが、飲んだ後、返したらマグカップ分のデポジットももらえます。

このように可愛いので、せっかくなら返さないで持ち帰るのもあり。

 

お子様やお酒の飲めない人におすすめなのがホットアップル。

ただ単に温かいアップルジュースだけど、美味しいし、体も温まります。

煎りナッツ

 

あま〜い香りがしたら、煎りナッツのお店かも。

私はこのナッツの美味しさに感動して、滞在中3回も買ってしまった。

大抵ドイツ語で表記されているので、何が何だかわからないって感じかもしれないけど、

試食も頼めばさせてくれます。

 

ソーセージ

ドイツといえば!ソーセージですね。

写真はビアホールで食べたものですが、クリスマスマーケットの屋台でも美味しくいただけます。

レブクーヘン

見た目は分厚いクッキーのようなもの。ドイツ版ジンジャーブレッドらしい。

感触は柔らかいクッキー。

チョコレートコーティングなど、色んな種類があります。

 

ストルーデル

ストルーデルは渦巻きという意味らしく、アップルなどを巻いたケーキみたいなもの。

アップルだけじゃなく、種類も豊富。

私たちはクリームチーズを挟んで、カスタードミルクをかけたものを注文。

通り過ぎた日本人観光客が、

「今の何かわからんけどめっちゃうまそう」と。

これはクリームチーズストルーデルダヨーーーー!と教えてあげたい。

シュトレーン

ドイツのパウンドケーキみたいなもの。

マーケットでつまむ、と言うよりは、お土産としてマーケットで買う。って感じです。

後で美味しくいただきました。

 

 

クリスマスマーケットでお腹いっぱいになるのか?

ドイツのクリスマスマーケット、食べるものはたくさんあります!

いろんな種類が食べてみたい人は、友達とシェアしてもいいし、

本当にお腹いっぱいになりたい人は、自分で独り占めしても。

しかし、9時ごろにマーケットは閉まってしまうので、飲み足りない、食べ足りない、と言う人はビアホールに足を運んでください。

 

旅行カテゴリの最新記事