あんぞう中国へ行くの巻

あんぞう中国へ行くの巻

突然ですが中国行ってきます。

 

少しさしぶりの更新となってしまいました、あんぞうです。

5000字のグループレポートだったり、週末は二日酔いで潰れてたり、、ブログになかなか取りかかれませんでした。

 

突然ですが私はこの一人で一か月中国へ行くことを決めました。

 

なぜ中国に行くのか

これは中国語習得のためですね。

短期の語学留学です。

 

実はあんぞうのやりたいことリストにも載ってるんですよね。

だから別に突然でもないw

 

私はもともと中・高と中国語習ってたんですよね。

インターでは、英語の他にもう一つ語学を習得するためクラスを取ります。

その時5年間も中国語の授業を取っていました。

 

 

日本の教育でも英語を習っていたからといって英語喋れるようになるわけではないと思います。

それと同様、単語力、読解力はある程度あっても喋れないというのが私の今の現状。

中国人にベラベラ話しかけられると、大抵・・・

 

状態なんです。

 

あ、ちょっと盛りましたね。

簡単なことなら会話できるけど、私が習っているって分かってる人じゃないと通じない気がします。

発音的に。

 

 

5年間も勉強していたのにもったいない。

2年のブランクあってかなり忘れてしまっている。

どうにかものにしたい。

がああああ

 

中国語学留学のきっかけ

リーズ大学に入って、自分の専門外の授業を一つ取れるので、そこで中国をまた学んでいます。

イギリスの大学での初めての夏休み、どうして過ごす?

の記事で書きましたが。。

 

大学の提携大学の夏季語学留学でしたら、

学費が免除されるんですよね。

 

格安で語学留学ができるのです。

このことに目をつけた私は、提携大学のプログラムの情報などを調べ、応募することを決めました。

 

応募プロセス

応募するのに必要なのは、自分がなぜ選ばれるべきかを綴った短いエッセイ、パスポートの情報、先生からの推薦を示すサイン。

そして、希望校のリストです。

 

応募して1週間以内に、結構簡単に留学が決まったのです。

 

どこに行くのか?

今回色々調べてる間に分かりましたがやはり中国は大きい。

私が4週間過ごすのはリバープール西安交通大学です。

 

なにそれ。

私も思いました。そもそも中国の大学は1つも知らなかったのだけど。

リバプール西安交通大学は2006年に設立され、西安交通大学とリバプール大学による中国最大規模を誇る合弁事業大学です (SI UK)

らしいです。

 

どこかって言うと蘇州にあるそうです。

どこ。

上海から1時間ほど西だそう。

 

 

東洋のベニスと称えられる水の都・蘇州は、上海から列車で西へ1時間足らず。

 

 

東洋のベニスwww

「〜の」って言ってる時点で負けてる感にじみ出てるけど、

 

「天には極楽あれば、地には蘇州と杭州ある」。

 

とも言われているらしい。

いい場所らしい!

うん、楽しみだ!

目指せ!トライリンガル!

英語喋れるのはすごいって意識がほぼ無いんだけど、3ヶ国語喋れるのはすげえって思っちゃう。

そして単純に語学を学ぶのは楽しいです。

 

イギリスの大学に通っているなら是非ものにしたいチャンス。

語学留学までに独学頑張ります。

 

あんぞうから報告でしたっ!

 

中国語学留学カテゴリの最新記事