中国短期留学ってどんな感じ?蘇州で6週間の語学留学。

中国短期留学ってどんな感じ?蘇州で6週間の語学留学。

あんぞう、中国留学、どんな感じよ?

 

現在中国語学留学中のあんぞうです!

イギリスの大学で初めての夏休み、どう過ごす?」の記事でも書きましたが、大学の提携プログラムなので、学費免除のお財布に優しい、計6週間の短期留学を上海のお隣、蘇州でしてます。

現在4週間目を終わり、あとは残り2週間!

 

短期の語学留学の実態を少しお見せします!

 

中国留学の日々のスケジュール。

授業は朝10時から1時までの3時間。

合間に20分ほどの休憩があります。

午後には、学校側が考えてくれたアクティビティに参加したりできます。

ある日は書道だったり、麻雀、お面作り、などいろいろ。

 

この日は麻雀。中国の麻雀はルールに地域差があるそうですが、蘇州式は、私が知っている日本のよりも簡単でした。

 

アクティビティに参加しない午後は友達とお昼を食べ、街中や観光名所へ出向いたり、図書館で勉強したりしてます。

週末には友達と蘇州を出て、旅行したりも。

 

最初の4週間の過程

周りのレベルに追いつけなく、焦った最初の2週間。

 

留学初日を終えた私のインスタストーリー。

 

初日にすごくざっくりしたレベル分けテストがありました。

2−3分中国語の先生と話し、先生がレベルを決めてくれます。

 

中学の時、第2外国語として中国語を取っていたので、少しばかりの知識はあります。

しかし、中国に来たこともなければ、中国語を喋る機会など今まで全くありませんでした。

HSK3は留学前に合格し、4は受かるかな〜どうなんだろ〜ってくらいのレベルです。(わかる人はわかる、めっちゃ大したことないレベルなんです、ええ)

 

クラスは;

  • 初心者A
  • 初心者B
  • 中級A
  • 中級B
  • 上級者

 

とわかれます。

「中級に行けたらいいな〜」くらいに思っていたのですが。

先生の質問に的外れな答えをしたであろうに、上級者クラスに入れられました。

 

不安な気持ちでクラスに入りました。

クラスメートは韓国人、イギリス人、インドネシア人、イタリア人、と様々。

年も下は17歳から30代中盤までと幅広い。

 

 

先生の第一声は、

「こんにちは!あなたたちは上級者クラスなので、中国語オンリーです!」

おお・・・

やば・・・

 

そして初日恒例、自己紹介の時間。

ここであんぞうは周りのクラスメートのレベルに驚くのです。

 

「私の名前は〜、国籍は〜です。よろしく〜」なんてレベルじゃない。

何か自分のプチ情報的なのと、中にはジョークも交えて話してる人もいるのです。

 

ジョークに盛り上がるクラス・・・

ジョークが何だったのかわからない私・・・

自由自在に中国語を操っているように見えるクラスメート・・・

しどろもどろの私・・・

 

 

「やばい・・・」

「うちはこのクラスの落ちこぼれだ・・・!笑」

 

 

 

それもそのはず。

クラスメートの半分は、既に1年この大学で留学をしている人たち。

 

周りが何を言ってるのかわからない惨めな感じ、自分の言いたい事を伝えれないもどかしさ、この気持ちは小学生の時インターナショナルスクールに入った時以来でした。

最初の1週間は焦りがすごかったです。

それと同時に、自分にとってチャレンジングな環境でよかった〜、これは頑張る甲斐があるぞ!とも思いました。

 

 

予習復習は毎日マスト!

 

焦りが減ってきた3〜4週間目。

 

スピーキングのテストは、「状況カード」を渡され、実演します。

 

2週間目の終わりにテストがありました。

内容としては、読み、書き、しゃべりですね。

多分、HSK4級程度の内容だと思うんですよね、授業の内容も。

 

そのテストの結果が92点だったんですよね〜クラス5番目?とか!

やはり日本人なので、読みなどは他のクラスメートよりもアドバンテージがあるってことが大きいと思うのですが・・・

 

「やればある程度できるじゃん」と思えた瞬間ですね。

 

予習復習しといてよかったねあんぞ〜!

 

3週間目には新しいクラスメートもたくさん入ってきました。

大半がロシア人で、中には先生が何言ってるのか分からず、困惑顔の人たちも。

 

それを見て、

 

「あ、私、もう「何が何だか分からない状態」じゃなくなってる。先生の言ってることの大半は理解できてる。」

 

この1ヶ月で一番上達したのはリスニングでしょうね。

容赦なく中国語だけで説明する先生のおかげです。

 

 

残りの2週間、どう過ごす?

 

クラス写真!右端が先生。

 

変わらず、予習復習はする日々にはなりそうです。

先生が変わってしまうので、どうなるのかな〜。

 

一番難しいのは、リスニングでも、読み書きでもなく、喋ること。

言いたいことに必要な単語を知っていても、

自分で言葉にして伝えるのってやっぱ場数が必要。

まだまだ全然喋れないです、本当に「少しかじってる」としか言えないレベルなのです・・。

 

ああ、中国人の友達が欲しい・・・笑

中国人の学生は夏休みなので大学に不在〜笑

 

一人で街中へ行ったり、とにかく現地の人と絡む機会を増やしたいです。

あ、あと昨日中国語の「人間失格」を買いました。

日本語で読んだことのある本の方が内容も入ってきやすく、勉強として続くかなと思ったからです。

ちなみに1ページ目を解読するのに軽く20分はかかりました。笑

1年かけてでも読みたいですね。笑

 

とりあえず、すごく充実した夏を中国で過ごせてます。

充実度はインスタ見てくれたら通じると思う!

 

ayakaanzo

 

気軽にフォローしてね!

中国語学留学カテゴリの最新記事