留学の思い出を残すフォトサービス、「留学グラム」を始めた

イギリス大学生活
スポンサーリンク

あんぞうが、また何か始めたらしい

写真は、サイトのホームページに使っているもの。 被写体になってくれたかおりちゃん。

 

こんにちは、ポートレート撮影大好きなあんぞうです!

そんなあんぞうですが、最近また新しいことを始めました。

タイトルにある通り、フォトサービス、「留学グラム」をリーズ大学を拠点として始めました!

[outline]

留学グラムとは?

留学の思い出を残すための、有料フォトサービスです。

留学先の思い出のキャンパス、街中などで撮影を行っています。

 

「良い記念となるから!」と一人で依頼してくれる人も、

「ここで出会った大事な友達とここでの思い出を残したいから!」とお友達と依頼してくれる方もいらっしゃいます。

 

詳しい話は全部専用のサイトに書いてあるんですけど。

せっかくブログもやってるので、こちらでもザックり説明。

依頼は、ウェブサイトインスタ、フェイスブックでも受け付けてます。

気になるお値段はこんな感じ。

 

値段は、1回の撮影分なので、例えば「しっかり撮影」パッケージを、3人のお友達と依頼すると、

一人£12未満で撮影ができます。

3人一緒の写真だけを25枚でなく、違う二人の組み合わせだったり、一人だけの写真も撮りますので、みんなが満足出来るパッケージともなります。

 

2月中に予約してくれた方には、10%OFFのキャンペーン中です!

 

何故始めたのか?

理由は二つありまして。

  1. 留学の思い出を残す手伝いをしたいから
  2. 自分のスキルでお金は稼ぎたいから

もう少しだけ詳しくお話ししますね。

留学の思い出を残さないで後悔する人がいたから

あんぞうはリーズ大学2年目です。

日本に本帰国する交換留学生を、春、夏と見てきました。

留学って最初は非日常なんですけど、慣れると日常なんですよね。

日常ですから、特に写真に収めておく必要性も感じません。

 

しかし、帰国直前に「自分がここにいたことを写真に収めなきゃ!」と、慌ただしくスマホで収めていく人が多く見られました。

しかし、限られた時間、機材で撮っているわけですから、クオリティも限られてきます。

半年、1年近く過ごした思い入れのある場所ですから、私だったらきれいな写真としてとっておきたいな。と思うわけです。

さらに、遠く離れたイギリスですから、次いつ来れるか分からないのであったら尚更。。。

あと、きれいな写真に収めておいて、両親、祖父母に留学のお土産の一つとしてもいいかも。

 

なぜ無料サービスにしないのか?って言われると、意識が違うから。

これは私もそうですし、お客さん・被写体さんもそうです。

無料だと、「無料だし〜」とお客さんの返信速度がとても遅くなったりします。

事前に相談したり、イメージを一緒に膨らますことで、お客さんが本当に満足出来る作品が出来ると思っています。

編集枚数に限りがあるのも、全部やるのは絶対にお金的に割に合わなく(編集は根気のいる、時間のかかる作業)、一枚一枚完璧に仕上げたいから。

自身のスキルだけでお金を稼ぎたいから

だいぶ前の記事になりますが、、

ここで書いた通り、あんぞうは飲食店などでバイトはしていません。

 

この記事を書いた当初と違うのは、週2でオンライン家庭教師で経済学を教えていること。

週2時間しか働いてないけど、1時間3500円なので、割合は良いです。

飲食店でバイトしている人をディスる気は全くないんですけど、

私は、自分のやったことに対して、直結して成果が見えることの方に魅力を感じてしまうのです。

ブログを始めた理由の一つもそれ。

 

中学の卒業式の写真がぶれぶれだったことで、家族用のコンパクトミラーレスを買ったのがきっかけ。

友達と遊ぶたびにそのカメラを持ち歩いていました。

3年ほど前に、もっと上手に人を撮りたい!と思い、貯めたお金でポートレート用レンズを買いました。

好きなことで稼ぎたい、ってことよりかは、「好きなことを稼げるまで突き詰めたい」のです。

 

 

準備期間にしたこと

まず、撮りました!

撮らないことには始まらない!

ポートレートレンズを買った3年前から、お友達とお出かけした時に撮ることはあっても、「被写体になってください」とお願いしたことはなかったです。

 

インスタのストーリーで、無料で被写体になってくれる人を応募。

これが思ったよりも反響が大きかった・・・!(やはり需要があるとここで再確認。笑)

10人ほどの方に協力してもらいました。(本当に感謝!)

被写体になってもらった方には、アンケートを取ってもらい、そこから試行錯誤してクオリティを上げていきました。

アンケートを元に、値段設定やパッケージをデザインし、ウェブサイトも作成しました。

ウェブサイト作るのは3回目なのでね、慣れたもんです。笑

 

そして、ついに、「留学グラム」始動です!!

 

過去作品

ここに載っている写真は全部過去の作品です。

 

過去作品の一覧は、ここからできます。

 

あなたも、留学の思い出を残しませんか?

 

「被写体になったことなんてないし・・・」なんて気後れしないでください!

お話ししながらの撮影ですので、とてもラフですし、ポージングなどの指示も私が出します。

スマホでの写真で十分と思わないで、何年先も見返せる写真を撮りませんか?

気軽に相談してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました