ロンドンでのスリの注意&防止法

ロンドンでのスリの注意&防止法

ロンドン観光、本当に気をつけろよ!

 

イギリスに旅行すれば絶対ロンドン行きますよね!

イギリスに留学している人もロンドン遊びに行きますよね!

 

 

イギリスに越してきてから、3回ロンドン行きましたあんぞうですが、未だにロンドンにビビってます。

東京は慣れているので、都会でも全然怖くないのですが、

ロンドンへ行くと、東京が苦手な田舎の人の気持ちが私はわかります。笑

 

 

うん、ロンドン怖いよ。。

 

何が怖いって、スリ。

結構よく聞く話なんですよね、これが。

日本人すぐ狙われるし、気をつけなければ!

今回は実際に身の回りにあったスリのケースと、防止法を4つ伝授!

 

今年身の回りで起きたスリのケース

スリのケース1:iphone 編

ロンドンを旅行していた友達の話。

友達と入るカフェの前で写真を撮り、コートにiphoneをしまい、店内へ。

店内で席に着いた頃にはもう携帯がない。

 

きっと自撮りしていた時点から目をつけられて、

カフェに入る時にすれ違った人に取られたそう。

本当に一瞬の話。

 

スリのケース2:財布編

気づかないうちに財布がなくなっていたパターン。

いつ盗まれたのかも定かではないらしい。

 

財布を盗まれると、現金やカードはもちろん失くしたショックが大きいですが、

留学生にとって痛いのがbrp…

 

普段の身分証明書として使っているものであって、私たちのビザ代わり。

これがないと海外旅行できません。

新しいのを作るのにはかなりのお金もかかります。

スリのケース3:財布編2

これは今回の私の話。

小さめのスーツケースを持ち、リュックを背負い、ロンドンを歩いていました。

店を探していたので、携帯を片手に(携帯は気をつけていて、充電器と繋がってて、充電器はジーンズのポッケに入っていた)歩いていて。

 

私が先頭に立ち、友人二人が後ろについてきてる感じ。

信号待ちの時、割り込んで女性がぶつかってきました。

なんか嫌だなーと思って、その時はリュックを確認して、平気でした。

 

その後もつけられていたのか、スられていたらしい。

次の信号渡っている時に。

信号を渡って数十秒後、おばさんが走って私の腕をっばってつかんできた!

 

「これ!」

と私の財布。

「ちゃんと見てなさいよ!」と注意された。

 

中身を見るとちゃんと全部揃っていました。

おばさん、スられているのを気づき、取り返して持ってきてくれたよう。

 

 

ええめっちゃラッキー。

ロンドン。。

 

怖い。。。。(再び)

 

 

ベトナム育ちで、スリにはいつも気を張っていたつもりでしたが、やられました。

財布もおくまったところに入れていたのだけど・・

 

「めっちゃ入り込んでくるーって思ってて、私抜かれないようにしたけどあっちの方が早かったのー!」と友達が事後報告。

いや、怪しいやついたら言おうぜ。笑

 

スリ対策

1.すぐ取れる場所に貴重品をしまわない

スマホだったら上着のポッケや、財布をズボンのポッケに入れておかない。

分かりやすく「取ってください」って言ってるようなもんですよね。

 

普段は気をつけていても、気を抜いて少しの間だけポッケに入れたりしちゃいますよね。

そーゆー時に限って、一瞬で盗まれたりします。

 

2.貴重品は、一つの場所ではなく、拡散する

現金、クレジットカード、BRPを全部一つの財布に保管しておくのはリスクが高すぎます。

財布を2つ持ったり、カードホルダーに入れたり、リスクを分散させましょう。

 

その方が、何かを盗まれてもダメージは少ないです。

 

3.バッグをしまう

クラッチバッグだと、さっと取られたらもう終わりなので、リュックの方がいいですが、貴重品を背中に背負うってちょっと怖いですよね。

後ろから迫られても見えないし・・・

 

身軽にできるなら、肩からかけれる小さいバッグや、トートがオススメですね。

それをかけて、その上に上着やカーデガンを着ましょう。

これは結構最強。

 

4.お互いに気を張る

友達と一緒にロンドンを回るのなら、お互いに不審者が周りにいないか気をつけましょう。

変な人がうろついていたり、不審な行動をしてたら、真っ先に伝えましょう。

お互いが気をつけることで、防げるスリ結構あると思う。

 

気をつけてロンドン観光を!

やっぱ日本人って、平和ボケしているので海外で狙われやすいんですよね。

盗まれたら、せっかくの旅行も本当に台無し。

普段から節約してるのに、ここでお金を失くしたくないですしね。

 

気をつけてロンドン楽しんでください!

イギリス観光カテゴリの最新記事