イギリスで節約する6つの方法

イギリスで節約する6つの方法

イギリス留学、お金が飛んでいくのを防ぎたい。。

大学生共通の悩み:節約。

リーズ大学2年生のあんぞうですが、同じくお金には悩んでいます。

快適な暮らしと、お金の節約のバランスって難しいですよね。

 

イギリスの留学生活費がどのくらいかかるか、全くわからない人はまずこちらの記事を読んでみてください。

 

イギリスの大学生活で、節約するためにできることを、6つ、紹介したいと思います!

 

1. 自炊

節約するために、何が一番効果的かと言うと、自炊です。

これは間違いないです。

 

イギリスは外食が高いです。

レストランに座って、食べるとなると、安くて10ポンドはします。

単純計算で1500円ですね、、

 

安くて10なので、15ポンドになったりもします。

頻繁に外食していたら、あっという間にお金がなくなっていきます。

食材に関しては、日本に比べて高い!なんてこともないので、断然コストカットできます。

イギリスで料理の腕を磨きましょう!笑

 

 

2. マーケットを利用する

自炊をしている方におすすめしたいのは、マーケットで食材を調達すること。

大手スーパーのMorrisonsなどでも、高くないので良いのですが、市場はやはり安いです。

 

リーズには、ヨーロッパ最大の屋内市場があります。

2週間に1度に頻度で私は通って、食材を調達しています。

 

お得だな、と思う例をあげるとすると:

  • 立派なナス2つで1ポンド
  • りんご10個で1ポンド
  • ボウルいっぱいのマッシュルーム1ポンド
  • お肉(豚・鳥・牛のどれでも)3種類で10ポンドってオファーは、Morrisonsでもありますが、市場の場合は肉の量が多めでお得。

 

 

3. 外食は中華・タイ料理

基本は自炊していても、友達と外食もたまにはしたいものです。

せっかくの留学、引きこもってばかりでももったいないです。

 

外食の中でも安いのは、中華、タイ、インド料理です。

この3つは、10ポンドでお腹いっぱいになれます!

 

そして、基本どこも現地の人が調理しているので、レベルが高い。。。

日本で食べるよりもこっちで食べる中華の方が美味しいし、タイ大好きな私もこっちのタイ料理のレベルには本当満足しています。

 

4. 下着を手洗い

寮に住んでいる方は、共通のランドリールームに置いてある洗濯機を使う人も多いかと。

この洗濯機が有料な場合があります。

私が1年目に住んでいた寮では、洗濯が1回3ポンドしました。

案外ここでお金を取られてしまいます。

 

基本イギリスは寒いので、トップスなどは1回着ただけで洗濯する必要はないのですが、

下着、靴下などはやはり洗濯しなくてはいけません。

それらのためだけに洗濯機を使うのももったいなく感じてしまい、

下着はシャワーのついでに手洗いすることが多かったです。

 

 

5. 学生ディスカウントを使う

リーズなど、学生の多い街では、学生ディスカウントが使えるお店が多いです。

常に学生証を持ち歩いて、できるだけディスカウントを有効活用しましょう。

 

 

6. 移動は歩きで

都市によりますが、バス移動が安くないと私は感じてしまいます。

少し町外れにいくために片道2ポンドとか・・・。

学生ディスカウントで、大学ないから街までは1ポンド、などのオファーはありますが。

 

基本移動は歩きですね。

40分ほどの距離だったら歩きます。

しかし、夜などは一人で歩いて帰るのは危ない場合もあるので、そこはケチらないで、ウーバーなどを使って帰ってくださいね。

 

 

留学中もスマートに節約!

 

イギリスで節約するための6つの方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

どれもすぐに実行に移せるものだと思います。

 

節約と遊び、バランスを保って留学生活をできるだけエンジョイしましょう!

 

 

イギリス大学生活カテゴリの最新記事