仕事をもらえる履歴書(CV)を英語で書く方法

仕事をもらえる履歴書(CV)を英語で書く方法

英語で完璧な履歴書(CV)の書き方

最近学校の課題で履歴書を書かされたあんぞうです。

イギリスの大学在学中に、インターンや、実際に仕事に応募する時に欠かせない履歴書。

 

書き方は日本と違うのか?

どんな履歴書が目に止まるのか?

 

リーズ大学の就職支援センター直伝の書き方を伝授します!

まずは求人情報を読解しよう

どんな人物を求めているか、それが自分に合っているか、まずは見極める必要がありますね。

会社が、どのようなスキルを持っている人を求めているか、説明文を見て、スキルをハイライトするところから始めましょう。

 

仕事内容が自分に合っているか、何を得られるであろうか。。。

会社を知るために、更にリサーチを進めるのもいいでしょう。

 

インターンや仕事を探すときに使えるイギリスのサイト:

www.prospects.ac.uk

https://targetjobs.co.uk/

www.ratemyplacement

 

仕事に応募する時に必要なもの

Cover letter

履歴書と同時に送る挨拶代わりのレター。

並べ方の順番としては、履歴書の前に置きますね。

履歴書で書いた情報などをまとめて、何故自分が選べるべきか、仕事への熱意などを簡潔にアピールするべきとこ。

 

CV(curriculm vitae)

一般的な履歴書。

今までの経験や、学歴を書きます。

 

カバーレターの書き方

 

カバーレターの構成は以下のよう。

宛先・名前・住所 Date

Name, position

Company

Address

イントロ あなたは誰なのか?何故これを書いているのか?
何故あなたであるべきか? 何故この仕事に興味があるのか?

この仕事に活かせる経験・スキルは何か持っているのか?

何故この会社であるべきか? 会社のことを理解し、リサーチしてることを見せよう。
ポジティブな終了文 Thank you for taking your time to consider my application, I hope to hear from you soon 的なこと。
名前・連絡先など Name

Home Address

Phone number

Email Address

 

これを1ページ以内に納めましょう。

 

Cvの書き方は2通り

CVの書き方としては、2通りあります。

自分にどちらが適切か、考えて決めてください。

 

どちらも、2ページ以内に納めたいです。(ダブルサイドでプリントした場合1枚になるってことです)

 

1つ目:Traditional CV(伝統的な書き方)

Traditional CVとは

  • 時系列で物事をかく(最近のから始めて、古いのまで)
  • 求人内容に沿った仕事経験をもっている人におすすめ
  • 仕事経験だけではなく、そこで得たもの、成果も書く

 

フォーマット

  • 自身の名前と連絡先(電話番号、住所)
  • 学歴
  • 仕事に合っている経験
  • その他の経験・スキル
  • 趣味・興味
  • Referee

 

例;

traditional/chronological CV Example

 

2つ目:Skills-based CV

Skills-based CVとは?

  • 自分の持っているスキルに焦点を当てたもの
  • 求人広告に沿った仕事経験が少ない・そもそも仕事経験が少ない人におすすめ!(私みたいな大学1年生とか)
  • 今までの経験を幅広く取り入れることができる

 

フォーマット

  • 自身の名前と連絡先(電話番号、住所)
  • 学歴
  • スキルプロフィール
    • ここに書けること:
    • 語学・デザイン・資格・テクノロジー・リーダーシップ・
  • 仕事経験
  • 興味・その他の経験
  • Referee

 

例:

Skills-based CV

 

本当に完璧か?チェックしよう。

履歴書で落とされる3つの理由

  1. 会社や、その求人広告に沿った内容となっていない
  2. 正確さが欠けている(グラマー、スペリングなどの間違い)
  3. 熱意が伝わってこない

 

あとは、読みやすいようにフォントはArialやCalibriがオススメです。

 

今まで「完璧なCV」とか言っといて申し訳ないのですが、「完璧」なCVは存在しないですよね。

結局はあなたが書いたことが会社が求めているかにかかっています。

でも、このフォーマットならとりあえず間違えてはいない!とははっきり言えます。

フォーマットだけでも完璧にして、仕事をとりましょう!

 

イギリス大学生活カテゴリの最新記事