不純な理由で信者でもない私が教会へ行ってみたら

不純な理由で信者でもない私が教会へ行ってみたら

イギリスで日曜の教会へ行ってみた

イギリスでの留学生、あんぞうです。

あんぞうはキリスト教徒じゃないです。

仏教・神道などの教えはある程度知っているし、お墓まいりもするけど、信心深いかって言われたらそうでもない。

 

皆さんは自分の宗教じゃない宗教を信仰している場に加わったことはありますか?

自身が深く信仰している宗教があるのならば、そんなことしませんよね。

私は、観光地の教会の中を見たり、人がお祈りをしているところを見たことはありますが、自分が参加したことはなかったです。

 

そんな私が少し不純な理由で協会へ行ってみた時の話をします。

 

何故クリスチャンではないのに協会へ行ったのか

これはイギリスに来て2週間目の話。

まだ授業も始まる前で、とにかくイベントが多かったです。

そこで、お誘いを受けました。

 

教会に行ってみない?誰でも行っていいらしいよ、クリスチャンじゃなくても。」

 

クリスチャンでもないのに教会へお邪魔することに対してちょっと怖気づいたので、

「いやー、いいわ〜」って断ろうとしたら、友達が言いました。

 

 

「教会に通っている人の家でお昼食べられるらしいよ」

 

 

むむ

大学生は「ただ飯」に弱い。

弱い。

金ない。ひもじい。家庭料理食べたい。

 

 

「・・・行くわ。」

 

 

大した葛藤もなく、言ってしまった。笑

 

人の宗教にお邪魔するのに不純な動機。

そう、私はただ飯のために初めて教会へ行くことにしたのです。

 

 

今のうちに言っておこう。

ごめんなさい。

今まで知らなかった世界がそこにはあった

「リーズ大学の新入生を暖かく迎える」のが教会のその日の目的だったらしく、

私同様クリスチャンじゃない人も結構いました。

 

だからとりあえずは一安心。

大学内の教会へ入って、座る。

たまたま隣に座った子と話したのだけど、彼女は韓国人で、クリスチャン。

 

早速始まります。

まずは、歌から。

 

みんなが歌えるように前にスクリーンがあり、歌詞が表示されていました。

 

 

“Our god is a great big god.”

(私たちの神は偉大な神である)

 

 

うおう

 

 

ってゆー「どーゆー風に反応すればいいのだろう」って。

 

 

自分が信じていないことを、どっぷり信じている人たち。

それを声高らかに歌う人たち。

宗教に対して 偏見を持っていないつもりだし、 敬意を持っているつもりです。

良くも悪くも、宗教にどっぷりまではいかないが、少し片足を入れてみたら、どんな反応していいか分からなくなってしまったのです。

 

 

食レポで言うと「何この食感!今までない!」っていう感じですかね。

 

 

ここであんぞうはどうしたのか?

歌いました。

郷に入れば郷に従えって言うし、敬意を示すつもりで。

簡単な歌だったので、終盤には歌詞を見なくても平気でした。

 

他はバイブルからお話を読んだり。

何ヶ国語かで祈りを捧げたり。

2時間以内で終わりました。

お宅訪問

教会での用事が済んだら、現地のお家へお邪魔しました。

隣に座ったクリスチャンの韓国人の子とペアになり、教会の人にセットアップされ、あるご家族のもとへ。

 

1年前にリーズに引っ越してきた家族でした。

お母さんはポーランド人、お父さんはイギリス人で、小学生の女の子が二人。

 

ロンドンでの生活が疲れたために家に引っ越してきたらしいです。

私がキリスト教ではないけど今日は来てみたと言っても嫌な顔せずに、色々お話をしてくれました。

 

そして今回の本来の目的だったご飯!

うおぉぉ

お昼にはチリコンカン、ご飯、サラダが鍋いっぱいで出てきました。

イギリスに来てから未だに満腹という感覚がなかった私は、遠慮せずたくさんいただきました。

 

めっちゃおかわりした笑

デザートにはアップルクランブルを食べさせてくれました。

アップルクランブルとはアップルの上にクッキーを粉々にしたような形状になった、粉とバターを混ぜたものを敷き詰めオーブンで焼いたものです。

これにカスタードをかけ食べるのが主流です。

これがメッッッチャ美味しい。

初めてアップルクランブルを食べましたが美味しさに感動。

イギリスにも美味しいものあるんだ(笑)と思いました。

 

ご飯が食べた後は車に乗って近くの公園まで連れてってくれました。

この日学んだ宗教の力

 

その日あった見知らぬ異国の女の子たちを、自宅に招き入れご飯をご馳走する。

 

すごいなあ。

ありがたい、優しいな。

 

この人たちの行動の 基盤となっているのは宗教なんだと感じました。

「イギリスにまだ来てばっかりなんだから、何か困ったことがあったら連絡してね」都電話番号まで教えてくれました。

 

日本人は宗教と文化の境目がはっきりしていないですよね。

だから、宗教に対して考える機会も少ないかもしれない、私はそうでした。

 

自分とは違う価値観を知るためには、遠目から観察するだけではなく、思い切って体験してみた方が手っ取り早い。

教会へ行ってみるのはイギリスにいる間でしてみたいことかもしれません。

 

イギリス大学生活カテゴリの最新記事