ベトナムの市場で半額まで値切る方法を9年かけて辿り着いたので伝授。

ベトナムの市場で半額まで値切る方法を9年かけて辿り着いたので伝授。

 

ベトナムに9年住んで、未だに実家がベトナムにある、あんぞうです。

ベトナムで観光客のみなさん、必要以上に払い過ぎています。

それなので、今日は「ベトナムの市場で半額まで気持ち良く値切る方法」をお教えしたいと思います。

 

この記事を読めば、00.000VND(千円ほど)が70.000VND(350円くらい)まで値切りできます。

 

君!知らないうちにふっかけられています!

 

ベトナム、最近は観光地として人気ですよね。

「ベトナムに行ったら〜可愛い雑貨屋さん巡って〜市場でお買い物するの〜」なんてキャピキャピしてる女子も多いですよね。

ベトナムの市場は、食料品はもちろん、服、カバン、香水、お土産、アクセサリー、食器、電化製品まで様々なものを売っています。

でも、実はみなさん、市場で買い物する時、たいていふっかけられています

大抵・・・いや絶対。笑

 

店主に提示された金額を聞き

「え〜安い〜」と喜び、金を渡す日本人観光客。

ベトナム人に外人と思われることもなくなったあんぞうはこの光景を見て思う。

 

 

それだいぶふっかけられてますからあああああああ!

 

 

 

ここは市場なので、値切っていいんですよぉおおお

 

教えてあげたいけど、「え〜安い〜(キャピキャピ)」って喜んでるし。

店主も売り上げ増えるし。

これは、両方ハッピーだからいいんだ。

 

 

それは本当にそう思う。

でも絶対もっと安いと知っているものを高く買うまで私はお人好しではない。

別に店主が売り上げが出ないまで値切りしてやろうとは思わない。

さすがにちょっとね、ってことであんぞうはいつも値切ってます。

 

9年間トライ&エラーを繰り返し、編み出した、私の「値切りかた」。

教えます。

ベトナム語ができなくても平気です。

ふっかけてくるお店の人は、観光客慣れしているので、片言の英語、または日本語ができます。

 

ステップバイステップ:値切る方法

ステップ1. 市場で商品を物色する

今回例としてあげるのはレイバンのサングラスとかの既製品。

手にとってみましょう。

 

ステップ2.値段を聞く

「Bao nhiêu tiền?(バオニューティエン?」

いくら?と聞いて値段を教えてもらいましょう。

 

ここで教訓。

教訓1:倍以上の値段を提示されていることがほとんどである。

 

先ほどのレイバンのサングラス、ホーチミンのベンタン市場で聞いたところ、

「200.000VND(千円くらい)」と言ってきました。

いやいやいやいやいや。

さすがにこれはふっかけられていると皆気づいて欲しい。

気づいて!!!!!

 

ステップ3.険しい顔をする

「ノーノーノノノー」みたいな感じで首を横にふる

「なーにいっちゃって笑」みたいな雰囲気出す

 

ステップ4.半額以下を提示する

 

じゃあいくらよって聞かれます。

値段を言う前にここで教訓2

 

教訓2:値切る時は可愛げのある感じで

これからあなたは、相手の利益を減らす行為に移るのです。

ここで威圧的だったり、失礼だったら、売る方も「じゃあ買わなくていいよ」ってなりますよね。

だから「え〜お願い〜」てきな感じで挑みましょう。

女の子は子供の頃お父さんにお願いしていた感じで。

男の子はおばあちゃんに頼む感じで。

 

このレイバンの時私は4万ドンから始めました。4分の1以下ですね。笑

でも、6年ほど前までは、5万ドンでレイバンのサングラス(偽物)が3つも買えたのです。

 

ステップ5.簡単には譲らない。再度交渉。

最初は20万ドンと言ってたのに14万ドンに下げてきた。

この時点でもう大幅な値下げだw

ステップ3を繰り返し、同じ値段を言おう。

 

ステップ6.「これ以下は無理」と言ってきた。少し値段を上げて交渉しよう

 

12万ドンまで下がったが、これが限界だと。

「ん〜じゃあ5万ドン!」と、少しだけ値段を上げてみる。

ここで交渉がまだ再スタートするかも。

ちなみに、「じゃあ2つ買うから120.000VNDにして!」てゆーことに

それでも譲らなかったらどうするか?

 

ステップ7:もうちょっと他見るわ〜てきな感じでその場を去ろう

「ん〜まあちょっといいわ」って言ってその場をちょっと去るふりをしよう。

ベトナムの市場では「去るものは追う」のだ。

「あーおっけいおっけい」てきな感じのジェスチャーで呼び止められるだろう。

 

そうしてこう言われるであろう・・

 

「10万ドンでいいわ!」

 

 

 

はーい半額到達ー!

 

ここでもう一押し。

「いーや6万。」

相手:「8は?」

 

自分の提示した金額と相手の金額がだいぶ近づいてきましたね。

あ、もちろん可愛げは持続してください。

 

 

ステップ8:お互いの提示金額が近づいてきたら、中間地点で手を打とう。

 

私が言った金額が6、相手が8。

じゃあ間をとって7はどうだ!

 

「おっけい!」

 

200.000VND(千円ほど)が70.000VND(350円くらい)まで下がりました。

 

最終的な目的は、値切ることであるが、やはり目指したいのは「お互いが納得できる」値段だ。

「仕方ないわね〜」みたいな暖かい雰囲気で売ってくれたのなら、

あなたは値切りに成功したことになる。

 

 

おめでとう!!!!

 

 

どうせなら、値切って楽しくベトナムでお買い物しよう

 

さー、どうでしたか?

あんぞう直伝の値切り方。

 

今のは例には過ぎないので、ケースバイケースで判断してください。

半額、まではいかなくて30%は値切りましょう!

それでもふっかけられているだろうけど、観光客なので、ベトナムの経済に貢献していると思って払ってやってください。

 

相場を知るためには、このサイトが便利かも。2014年の情報なので、今の相場はいくらか上がっていると考えてください。

では、あんぞうでした。

 

 

 

 

ベトナムカテゴリの最新記事