イギリスの大学で初めての夏休み、どう過ごす?

イギリスの大学で初めての夏休み、どう過ごす?

イギリスの大学は休みが多い!

あと4ヶ月も学校に行けば夏休みのあんぞうです。

(しかもその内1ヶ月は春休み)

 

その上、イギリスの大学の夏休みは長く、3ヶ月もあります。

冬休みも1ヶ月なので、年に5ヶ月は休みです。コスパの悪さ極まりないです。

 

話が逸れましたが、この一番長い休みを、どのように過ごすか、考えていますか?

 

え?日本に帰って美味しいもの食べて?

地元の友達と遊び呆ける?

1ヶ月の休みだったらそれもいい過ごし方でしょう。

しかし、これは3ヶ月。

怠けて遊び呆けるにも飽きます。

 

てか、2年生になって、帰ってきて、先生や友達に何していたの?と聞かれて

「んー特に何も」って答えるのは

恥ずかしいです。

 

繰り返します。

恥ずかしいです。

 

 

では、何をするべきなのか?

 

大学で先生にお勧めされるのは、インターンか語学留学のどちらかですね。

ボランティアのプログラムも良いかもしれません。

インターン

夏休み、大学生はバイトするのは日本ではメジャーかもしれませんが、

こちらでは夏休みの間、バイトをする大学生は日本ほど多くない印象を受けます。

バイトをしていないと言いますか、バイトよりインターンの方を重視していると言った方が正しいかもしれません。

 

理由としてはイギリス人もインターナショナル生徒も夏休みの間は故郷へ帰るので短期のバイトになってしまうこと。

 

もうひとつの理由としてはインターンの方が自分の専攻に関連した会社へ行けるから。

バイトよりもインターンの方が履歴書に載っていた時格好がつきます。

 

インターン自体は1ヶ月や2ヶ月の長期ではなくても、2週間から一か月と短期だけでもやらないよりは全然いいと思います。

もちろんイギリスでインターンをやってもいいし、日本に帰りたいのならば日本でインターンをやるのもありでしょう。

しかし日本だと1年目からインターンを受け入れているところは少ないかもしれませんね。

それに比べて、イギリスの会社では大学生ならばインターンを募集している会社が多いと感じます。

 

大学の Web サイトに、インターンの求人広告などを載せているページもあると思いますので自分に合ったものを探してみてください。

 

語学留学

英語にすでに自信があるのならば新しい語学を習得しようと語学留学に行くのもありです。

大きい大学に通っているのであれば提携大学が語学留学のサマープログラムを出していることもあるでしょう。

リーズ大学ではスペイン、フランス、韓国、中国、日本などの大学で夏の間留学することができます。

 

大学を通して申し込むと、学費などが免除されるということもありますので安く済む可能性も!

大抵の語学留学のサマープログラムは4週間から6週間の期間です。

語学留学に行ったとしても、夏休みはまだ2ヶ月ほど残っているんですね、長い。

 

ちなみに、あんぞうはこの夏中国の大学へ一か月行こうと考えています。中国語の習得のために。

(今申し込んでいる途中なのでまだ結果はわからないのですが、行くことが決まったらリーズ大学によって学費が免除されます。)

 

ボランティア

ボランティアのプログラムに参加するなども、休みの有意義な使い方でしょう。

こちらも大学が提携しているプログラムなどはまず探してみましょう。

この様なプログラムは、イギリスでも日本でもない、異国の地であることが多いかも。

例えば、うちの大学が求人しているのは、フィジーでのボランティアとか。

 

 

異国の国で夏を過ごせて、人の手助けができる。自分にとっても、現地の人にも、履歴書的にもいいでしょう!

 

とにかく一年生の時から自分の履歴書には何が残るかを意識して。

 

イギリスの大学生は、確かにパリピが多いですが、やるべきことはやってます。

自分も置いて行かれないよう、行動に移していきましょう!

履歴書関係なしでも、充実した夏休みを送りたいですよね。

 

 

 

イギリス大学生活カテゴリの最新記事